ヤマト広告株式会社
CONTACT

ランディングページ

1ページ1商品を紹介、離脱を防ぎコンバージョンを上げるためのページです。

ランディングページとは

SEO・SEM

ランディングページ(landing page)とは、直訳すると飛行機が着陸して滑走する着地ページで、ユーザーが最初に訪問するWebページのことです。 ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索やリスティング広告などによってサイトに訪れて、最初に見るページ。 1ページで構成され、コンバージョン(お問合せ・資料請求・購入など)を促す、独立したWebページです。

ランディングページの特徴

多くの情報が盛り込まれているホームページとは違い、ランディングページはサイト訪問者に特定の行動を促すことが目的です。 必要な情報のみを的確に届けるためにデザインされた1ページのウェブサイトであることが最大の特徴です。

  • 縦スクロールによる縦長の1ページ構成。
  • 文章よりもイメージ画像を多用します。
  • コンバージョンボタンが大きいこと。
  • 派手なインパクトのあるデザイン。
  • 他ページへリンクを貼りません。

ランディングページの役割

サイト訪問者にコンバージョン(お問合せ・資料請求・購入など)を促すことが、ランディングページが役割です。 そのアクションによって、ユーザーが得られるベネフィット(利点)を説明していきます。

  • コンバージョンしてもらうためのページ
  • サイト訪問者を顧客化するためのページ。
  • ターゲットユーザーをより明確にできるページ。

ランディングページのコンテンツ

成果を上げるためのランディングページづくりのポイントは、ターゲットとランディングページの目的を明確化することです。 さらに、ターゲットのキーワード検索時の心理に基づいて、商品のベネフィットや不安や疑問を解消するコンテンツを構成していくことが重要です。

  • ファーストビュー(インパクトのあるビジュアルとキャッチコピー)
  • 商品・サービスの説明(ユーザーベネフィット・商品の仕様など)
  • 利用者の声・流れ・FAQ(お客様の声・ケーススタディなど)
  • コンバージョンボタン(申し込みフォームなど)

ランディングページ最適化の実施例

ランディングページ最適化とは、検索エンジンでの検索、リスティング広告からWEBサイトへアクセスしたランディングページ訪問者を コンバージョンへ結びつけるためにランディングページそのものを改良することです。
ヤマト広告には、下記のようなランディングのオーダーが寄せられています。

  • 通信販売が目的のランディングページ
  • 資料請求が目的のランディングページ
  • 予約獲得が目的のランディングページ
  • 不動産検索が目的のランディングページ

Webマーケティング関連記事

TOP